せどりでバーコードリーダー(MS910)と手動を比較【動画】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せどりでバーコードリーダー(MS910)

今回はせどりの作業を効率化するために必須となるアイテム
「バーコードリーダー」について書いていきます。

せどりで商品を検索する際には、
手動で行う方法、
スマホのカメラを使用する方法、
バーコードリーダーを使用した
ビームせどりと呼ばれる方法があります。

手動で行う方法は、自分で一つずつ数字などを入力していく手法で、スマホのカメラを使用する方法は、スマホのカメラを使用してバーコードを読み取り、バーコードリーダーを使った方法は、バーコードリーダーと呼ばれる端末を使用してバーコードを自動で読み取ります。

せどりで商品を検索する際にかかる時間は、
当たり前ですがより短い方がいいです。

もし1つの商品を検索するのに1分かかったら、
100個の商品を検索するのに100分もかかってしまいます。

でも1つの商品を検索するのが5秒ですめば、
100個の商品わずか8分程度で検索することができます。

せどりはいかに商品を検索できたかで、
仕入れられる商品数が変わってきます。
(目利きができない初期の段階では)

ですので、より多くの商品を検索できるように、
効率化できるところは効率化していくべきです。

検索するスピードが速いのは、

バーコードリーダーを使用
     ↓
スマホのカメラを使用
     ↓
    手動

という順になります。

通常、あまり手動で情報を入力することはありませんが、
スマホのカメラでバーコードを読み取ろうとすると、
なかなか読み込めなかったり、
カメラの機能が使えなかったり、
色んな理由で手動で検索することもあるでしょう。

そんなときに、バーコードリーダーがあれば、
手動で商品を検索するときとは
比べものにならないスピードで商品を検索できます。

これはもう本当に圧倒的な差です。

どれくらい違うかというのを
実際に動画を撮ってみましたので、
参考にしていただければと思います。

どうでしょうか??

圧倒的にバーコードリーダーを使用したほうが早いですよね。

もしあなたが手動で商品を検索していて、
ライバルがバーコードリーダーを取り入れていたら、
それだけで不利になってしまいます。

あなたがせっせと手動で数字を打ち込んでいる間に、
ライバルはピッピと一瞬で商品を検索していくわけです。

そんなことにならないように、
是非ともバーコードリーダーを取り入れ、
ビームせどりを実践していただければと思います。

「スマホのカメラで問題なく検索してるから、
 手動でなんか検索しねーよ!」

という声が聞こえてきそうですが、
そんな人のために、
「スマホのカメラVSバーコードリーダー」の動画を撮って
比較しましたのでよかったら参考にしてみてください。

参考記事⇒せどりにビームって必要?比較してみた

ちなみに今回使用しているバーコードリーダーは、
MS910という商品です。

この商品については、
別の記事で購入前に重要なことをしっかりと記事にしましたので、
参考にしてもらえればと思います。

MS910に関する記事↓↓
MS910を実際に購入して徹底考察!

バーコードリーダーと言えば、
ちょっと前まではかなりの高額だったのですが、
現在はMS910のおかげで
大分取り入れやすくなっています。

これを取り入れることで、
圧倒的に作業効率がアップし、
手動で行う何倍もの成果を出すことができるので、
必要な投資として導入していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


★注目のコンテンツ★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>