「せどり」とは何か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「せどり」とは

最近巷でブームとなっている「せどり」

多くの雑誌やテレビなどでも紹介されているので、
耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「せどり」というビジネスについて、
分かりやすく詳しく解説してみたいと思います。

せどりとは?

せどりとは

「商品を安く買って高く売る」という
とてもシンプルな物販ビジネスのことです。

現在多くの人が言っている「せどり」は、

ブックオフなどの中古を取り扱う店舗などで、
本・CD・DVD・ゲームなどを安く購入し、
それをアマゾンやヤフオクなどで高く売るビジネス

という意味で使われることが多いです。

より理解できるように、
せどりとはどういう感じなのか
ちょっと具体例を挙げてみますね。

以前、僕はゲオにDVDを借りに行ったときに、
ついでにCDも買おうとCDコーナーにいきました。

そこでこの商品を発見し購入しました。
「DJ OKAWARI」「MIRROR」という商品です。

画像を見ていただけたら分かると思いますが、
このCDは980円で購入しました。

一応ラベル部分の拡大画像

こちらがその時のレシート。

赤枠で囲ってあるところがその商品です。

レシートの上の方に記載がありますが、
購入したのは11月21日ですね。

それで、この商品をアマゾンにて出品したら、

2日後に4,980円で売れました。

こちらがアマゾンの管理画面のキャプチャですが、
注目してほしいのは赤枠内です。

(クリックで拡大できます)

注文日:11月23日

価格:4980円

となっているのがわかりますよね。

980円で仕入れた商品が
たった2日で4980円で売れたわけです。

その差額なんと4000円!

と、こういう風に

「商品を安く仕入れて高く売る。」

というのが「せどり」というビジネスなわけです。

一昔前までは「せどり」というビジネスは
一部の専門的なスキル「目利き」を持った人しか
稼ぐことが出来ないビジネスでした。

しかし、時代が進むにつれ
便利なツールやシステムが登場し
誰でも稼ぐことが出来るビジネスになりました。

それこそ学生や主婦、
本業があるサラリーマンまで
多くの人が「せどり」というビジネスで成果を出しています。

僕もせどりに興味が出てきて
2013年の9月からせどりを実践してみました。

そして開始して最初の月は54,360円


2ヶ月目となる翌月の10月は241,379円


と、このように成果を延ばしてきて、
4ヶ月目となる12月は938,720円という結果が出せました。

このように、全くの初心者からでも
短期間で大きく稼げる可能性があるのが
「せどり」というビジネスです。

しかし、もちろん「簡単に稼げる」と思ってはいけません。

世の中には簡単に稼げるビジネスなんてありません。

もちろんせどりも例外ではありません。

誰でも行うことは出来るが、簡単とは思わないことです。

何をするにもまずはしっかりと正しい知識を身につけ、
正しい方法で行動することが重要です。

僕はそれを行うことによって
開始わずか2ヶ月で24万
4ヶ月目には93万という結果を出すことが出来ました。

僕に出来たことは確実にあなたにも出来ます。

重要なのは正しい知識行動です。

巷には「簡単に稼げる」というキャッチコピーを使い
言葉巧みに誘い込もうとする高額塾や高額教材がありますが、
せどりで成果を出すのにそんなものは必要ありません。

少なくとも僕程度の結果であれば、
高額な塾なんかに入らなくても結果は出せます。

「簡単に稼げる」というエサに惑わされずに、
しっかりと正しい知識を身につけ、
誰よりも早く確実に成果を出していきましょう。

さて、今回の記事でせどりについては理解できたと思います。

「せどり」について理解できたら
次に知らなければいけないのは
「具体的にどうやってせどりを行っていくのか?」ということです。

これは基礎中基礎であり、
これから稼いでいくためには絶対に必要な知識です。

ということで次回は「初心者がとるべき戦略」について解説しますね。

次の記事⇒せどり初心者がとるべき戦略【超基礎編】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


★注目のコンテンツ★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>