せどり初心者がとるべき戦略【超基礎編】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

senryaku

今回はせどりを始めるにあたって、
具体的にどういう風に取り組んでいけばいいのか?

せどり初心者がとるべき戦略(行動)の中で
もっとも基礎的なことを具体的に解説していきます。

その前に、まずは「せどり」というビジネスについて
まだあまり理解できていない人は、
前回の記事⇒「せどり」とは何か?から先に読んでください。

前回の説明で詳しく書きましたが、
せどりとは商品を安く買って高く売るという、
極めてシンプルな物販ビジネスです。

そのビジネスを成り立たせるためには、

① 高く売れる商品を安く仕入れる

② 仕入れた商品を売る

という2つの要素を満たす必要があるわけです。

その中の②「仕入れた商品を売る」に関しては、
アマゾンで販売すればいいのでこれはさほど問題ありません。

問題なのは①です。

せどりで稼ぐために最重要となってくるのは、
高く売れる商品をいかに安く仕入れるか?という「仕入れ」です。

で、「仕入れ」を行うプロセスには、
以下の二つのパターン(戦略)があります。

 

商品を仕入れる2つのパターン

 

商品を仕入れる際の2つのパターンとは

① 売れる商品を覚えてから商品を仕入れにいく

② すでに売られている商品の中から売れる商品を探す

というものです。

 

1つずつ具体的にみていきましょう。

まず①の「売れる商品を覚えてから商品を仕入れにいく」ですが、
この方法は、

事前にアマゾンで高値で売れる商品を調べ、
その商品をブックオフとか実際の店舗に探しにいく

というものです。

これには大きな問題があって、
売れる商品を知っていても、
そもそもその商品が売られていなければ
全く仕入れることが出来ません。

また、売れる商品を覚えると言っても、
人間はそんなに簡単に沢山の商品を覚えることは出来ません。

売れる商品というのは、基本的に
長い時間を費やして徐々に身に着けていくものです。

一般的に「目利き」というスキルがそれに当たります。

それを一般人がいきなり身につけることは出来ません。

なので、これからせどりを行う人は、
「売れる商品を覚えてから商品を仕入れにいく」
という戦略を取ることは致命的なミスになります。

つまり、せどり初心者がせどりで稼いでいくには、
②の「すでに売られている商品の中から売れる商品を探す」
という戦略をとっていく必要があります。

この戦略の内容は、

売れる商品を調べてから店舗に行くのではなく、
まずブックオフなどの店舗に行って、
そこに売られている商品の中から高く売れる商品を探す

というものです。

ただ、この戦略には
「どの商品が高く売れるかわからない」
という大きな問題があります。

店舗で売られている莫大な商品の中で、
どれが利益が出る商品なのか?

それが分からないと商品が仕入れられません。

それを解決してくれるのが
「検索ツール」と呼ばれる大変便利なツールです。

検索ツールを使用すれば、全くの初心者でさえも
莫大な商品の中から利益の出る商品を見つけることができます。

「検索ツール」なしにはせどりは行えないと言ってもいいほど
かなり重要なものです。

ということで次回は「検索ツール」について詳しく解説します。

一応、今回の記事をまとめておくと、

まとめ

せどりで商品を仕入れる方法には

① 売れる商品を調べてから買いに行く方法

② 店舗に売られている商品の中から売れる商品を見つける方法

という2つの方法が存在し、
①の方法は難しいので②の方法で仕入を行う。

店舗で売れる商品を見つけるためには、
「検索ツール」と呼ばれるものが必要。

ということです。
しっかり理解するようにしてくださいね!

次の記事⇒「検索ツール」とは何か?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


★注目のコンテンツ★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>