せどりにビームって必要?比較してみた【動画】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せどりにビームって必要?

「せどりにビームって絶対に必要ですか?」
という質問を結構いただきましたので、
今回はそのことについて書いていきたいと思います。

ビームせどりというのは、
バーコードリーダーを使用して商品を検索することを言うのですが、
商品を検索すること自体は、
別にビームがなくても行うことができます。

「せどりすと」などの検索ツールなどは、
ツール自体にバーコード読み取り機能が付いていますので、
それこそ手打ちでバーコードを入力する必要もなく、
ビームせどりの必要性が分からないという人もいるのかもしれません。

さて、結論から書いていきますが、
僕はこれからせどりをするのなら
「ビームせどりは必要」だと思っています。

ビームせどりが必要だと思うのは、
主に以下の理由からです。

せどりにビームが必要な理由

① 検索スピードが遥かに速い

② 店舗で行動が目立たない

一つずつ解説しますね。

まず①の「検索スピードが速い」ですが、
これがビームを使った方がいい一番の理由です。

どれだけの商品を検索できたかによって、
仕入れられる量というのは変わってきます。

なので、1つの商品にかかる検索スピードを
短縮すればするほど、成果は大きくなっていきます。

もしあなたがビームを使わずに、
同じ店舗にいるライバルがビームを使用していたら、
圧倒的に不利な戦いを挑むことになります。

1つの商品の検索にかかるスピードが10倍違うと、
自分が10個の商品を検索している間に、
ライバルは100個の商品を検索できるので、
その店舗の利益が出る商品のほとんどは、
あなたではなくライバルが仕入れていきます。

そうなったら悲惨ですよね。

実際、今はビームを持っていないせどらーより、
ビームを使用しているせどらーの方が、
現場で見かける割合は多いです。

圧倒的に不利な戦いをわざわざ挑まず、
あなたもビームを取り入れて
ライバルに負けないようにしましょう。

次に②の「店舗で行動が目立たない」ですが、
これはまぁ気持ちの問題ですけど、
僕はかなり気になりますね。

ビームを使わずに、スマホなどで
バーコードを読み取って検索をしていると、
動作が大きくなってしまうので、
どうしても目立ってしまいます。

「あの人何やってるんだろう?」

と変な目で見られることも多いでしょう。

ビームを使用したら、
動作は小さく、すばやく検索ができるので、
行動は目立ちません。

まぁ気にならない人はいいんでしょうけど、
やはり目立つと店員に注意される心配もあるので…。

ということで、主に上記2点の理由から、
僕はせどりでビームは使うべきだと思っています。

一応、文章だけは、
ビームを使用したときと使用しなかったときの
実際のスピードの違いや動作の違いについて、
イメージしにくい人もいると思いますので、
実演動画を撮ってみましたので、
参考にしていただければと思います。

どうです?大分違うんじゃないですか?

まぁどうしても使いたくない人は、
別に使わなくてもいいと思いますが、
不利な戦いに挑まず、
より効率的に稼いでいきたい人は、
ビームを取り入れてください。

ちなみに、僕のオススメのバーコードリーダーは、
動画内でも使用している「MS910」というものです。

MS910についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、
気になる人は読んでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


★注目のコンテンツ★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>