せどりで売れた商品の梱包方法を解説(自己発送編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せどりで売れた商品の梱包方法を解説(自己発送編)

アマゾンに商品を出品して、商品が売れた後、
どのようにして商品を発送したらいいのか?
初心者にとっては中々悩ましい問題です。

ということで、今回は商品が売れた後に、
僕がどのように商品を梱包しているのかを写真つきで解説しますね。

あ、一応言っておきますが、これは自己発送で送るときの例です。

FBAで発送する際にはまとめて送るのでまた別の方法です。

ということで、早速解説していきます。

商品梱包の手順

クリアパックで商品を包む

僕はまず最初に、発送する商品をクリアパックで商品を包んでいます。

ちなみに使用しているクリアパックは、
テープが付いているタイプのこんなやつです。

clip_image002

これで、商品をこんな感じに包みます。

clip_image004

なぜわざわざクリアパックで包むのか?ですが、
これは商品を保護するためです。

発送の段階で雨による影響で商品が濡れないようになど、
商品を綺麗に保つために使用しています。

ちなみにFBAで商品を出品する場合にも、
僕は商品は一つ一つクリアパックで包むようにしています。

FBA倉庫でほこりや汚れがついたらイヤですし、
購入者さんにとってもその方が親切ですよね。

それに、クリスタルパックを使用せずに万一のことがあって
商品が汚れてしまった場合、
返品やクレームにつながりますので、
出来るだけ使用するようにしましょう。


プチプチで包む

クリアパックで包んだら、今度はプチプチで包みます。

プチプチで包んで、商品が割れたりしないようにしましょう!

ちなみ、僕はこんなでっかいプチプチを、
ホームセンターで買ってきて使用してます。

clip_image006

これを、商品が収まるくらいのサイズにはさみでカットして、
商品を包みます。

clip_image008

しっかりとセロハンテープでプチプチをとめたら
商品の梱包はバッチシです!


アマゾンから納品書を印刷する

次に商品に同梱する納品書を、
アマゾンの管理画面から印刷します。

アマゾンにログインし「注文管理」にアクセスして
下記の画面の赤枠内から印刷できます。

clip_image010


納品書をカットする

納品書を印刷したら、下記のように、
宛名部分と納品書部分をカットして切り離しましょう。

(点線部分からカットします)

clip_image012

① の部分が宛名になっていて、封筒に貼り付けます。

② の部分が納品書になっていて商品と一緒に封筒に入れます。

他の部分は捨ててOKです。

(メモ帳にするといいです)


⑤ 商品と納品書を封筒に入れテープでとめる

納品書を切り分けたら、下記のように、
納品書部分を商品と一緒に封筒に入れてテープでとめて蓋をしましょう。

clip_image014


⑥ 封筒の裏に「Amazon注文商品」と書き、住所などを書く

封筒にテープをして終わったら、
次は封筒の裏に「Amazon注文商品」と記載し、
自分の住所、名前、TEL番号を書きましょう。

(ちなみに僕はスタンプです)

clip_image016


封筒の前面に宛先を貼り付けます

裏に住所などの記載が終わったら、
最後に先ほど印刷した宛先を透明テープで張り付けます。

clip_image018

これで完了です!

と、こんな感じで僕は商品を梱包しています。

これはGEMEやDVDのときも同じですね。

ただ、本の時だけ、
大きいやつはプチプチに巻かないこともあります。

以上で終わりです。

参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


★注目のコンテンツ★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>