アドセンス停止(広告停止)されたらどうする?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アドセンス停止

はい、本日は
グーグルアドセンスを利用している方にとって最も恐怖となる、
アドセンスの広告停止について書いていきます。

いただくお問い合わせの中には、
やはりアドセンスの広告が停止されたのでどうしたらいいか?
という内容が多数あります。

特にトレンドアフィリエイトなどを実践していると、
アドセンスの広告停止は致命的ですよね。

アドセンス以外にも、クリック成果型の広告はありますが、
やはりクリック成果型報酬の中では、
圧倒的にグーグルアドセンスが報酬が高いので、
実際アドセンスが停止されるとかなりやばいです。

と、いうことで今回は、
グーグルにアドセンス停止された場合の対処方法と、
そもそも停止されないために重要なことについて、
書いていきたいと思います。

で、まずお伝えしておきたいのが、
グーグルのアドセンス停止には、
具体的には2種類の停止があります。

それは、

1:特定のサイトの広告だけが停止された
2:アカウント自体が停止された

の2種類ですね。

上記の違いですが、1の場合はアカウント自体は生きてますので、
広告が停止されたサイトには広告が表示されませんが、
他のサイトには広告が表示されます。

2の場合はアカウント自体が停止されてますので、
そもそもアドセンスが利用できません。

で、今回の記事でお伝えしていくのは、基本的に1の場合についてです。

といいますのも、
僕はアドセンスのアカウント自体を停止されたことがないので、
具体的なアドバイスができません。

ということで、アカウント自体は生きているが、
特定のサイトの広告が停止された場合の対処について書いていきますね。

2012年8月…あれは忘れもしません…。

僕の一番の稼ぎ頭だったトレンドサイトへの、
アドセンスの広告が停止されました。

一瞬にして30万稼ぐサイトが消えた瞬間でした…。

下記が実際にグーグルから届いたメールです。

(クリックで拡大)

2012年8月21日の出来事です。

「なんじゃこりゃぁぁぁぁ」

と一瞬頭が真っ白になりました。

内容としては、

「あんたのサイトはポリシーに違反してるから広告止めましたー!
 もし修正してOKしたらまた広告表示してあげるから申し立てしてね♪」

という感じですね。

ついに来てしまった…。
アドセンスを利用し始めたときから、ある程度リスクは覚悟していましたが、
実際に訪れると絶望感半端なかったです。
(その前の月に30万以上稼いでいたサイトですし…)

で、いつまでも絶望していても仕方ないし、
もしかしたらまた復活するかもしれない!と思い、
届いたメールを何度も読み返し、ネットの同じような事例を調べ、
とりあえずできることをしました。

でその結果どうなったか。

なんと、わずか1日で復活しました!!!

下記がそのときのメールです。

日付をみていただけらばわかると思いますが、
2012年8月22日に届いたメールです。

わずか一日で広告の停止を解除していただきました。

で、具体的に僕がとった行動は、

「違反していると思われるページを全部削除」

これです。
グーグルアドセンスなどの規約を読みまくって、
違反していると思われるページを削除し、申し立てしました。

それで広告停止が解除されましたので、
もしあなたが同じような状況になったとしても、
あきらめずにサイトを修正し、申し立てしましょう。

どこが違反してるかわからーん!!って場合は、
一度僕に相談してみてください。
アドバイスできるかもしれません。

さて、では次に、
アドセンスで広告を停止されないために気を付けることですが、
まぁたくさんあるのですが、
その中でも気をつけないといけないのが、

1:水着などの写真を絶対につかわない
2:暴力的な事件やわいせつ事件などを記事にしない
3:一般人の名前を記事に書かない

以上の3点が特に気を付けてほしいところです。

まず1の「水着などの写真をつかわない」ですが、
グラビアアイドルの水着の写真などを貼っている方がいますが、
あれ、マジでNGです。

もしあなたがアドセンスを貼っているサイトに、
水着の女性の写真などを使用している場合は、
速攻で外してください。

で、2の「暴力的な事件を記事にしない」ですが、
これは殺人事件やわいせつな事件の記事を避けるということです。
これでもアドセンスの広告が停止される可能性がかなり高いです。

実際これで何人もの人が停止されました。

で、3の「個人の名前を書かない」は、これはもうそのまんまで、
有名人でもない人のことを実名で記事にしたり、
ましてや写真などをアップすることはNGだということです。

これも絶対にやらないようにしてくださいね。

以上がアドセンスの広告が停止されたらどうすればいいのかと、
広告の停止を防ぐために気を付けることの解説でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>