中古ドメインのメリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古ドメインのメリットとデメリット

今回は中古ドメインについて詳しく解説していきます。

中古ドメインでのサイト運営を考えている方の参考になればと思います。

まず、中古ドメインとは何なのか?から説明しますね。

中古ドメインとは

中古ドメインとは、名前の通り、
以前使われていた中古のドメインです。

例えばもし僕が「goyaman.com」というドメインで、
何かしらのサイトを運営していたとして、
ドメインの更新期限が来ても更新せずにいると、
そのドメインの契約が切れ、
そのドメインは中古ドメインとなります。

僕のそのドメインの契約は切れているので、
他の人がそのドメインを購入すれば、
購入した人が新しくドメインの主となって、
「goyaman.com」でのサイト運営が可能になります。

でもなぜわざわざ中古のドメインなんか買うのか?

どうせ買うなら新規ドメインの方が良くない?

という人のために、
中古ドメインを使用することによるメリットを説明します。

ただ、中古ドメインにはメリットだけじゃなく、
デメリットというのも存在しますので、
そちらも併せて解説していきます。

では、まず中古ドメインのメリットからです。

中古ドメインのメリット

■メリット1 最初からSEOに強いサイトを持てる

新規でドメインを購入すると、
通常そのドメインには、
被リンクが何もついてないゼロの状態です。

ですが、中古ドメインには、
過去に運営されていたときについた被リンクを、
そのまま受け継ぐことが出来るので、
最初からSEOにとても有利な状態でスタートできます。

また被リンクだけでなく、
ぺージランクも引き継ぐことができます。

サイトのページランクが高いほど、
SEO的にも有利だと言われていますので、
被リンクとページランクを持った状態でのスタートは、
新規ドメインでスタートするよりも
SEOの面などで見た場合、とても有利になります。

■メリット2 エイジングフィルターにかからない

新規でドメインを取得すると、
検索結果にサイトが一定期間表示されなくなる
エイジングフィルターというのにかかります。

このエイジングフィルターにかかると、
どんなに記事を投稿しても検索結果に全く表示されないか、
もしくはかなり後ろの方にしか表示されないので、
検索エンジン経由でのアクセスはほぼゼロになります。

エイジングフィルターが切れるまでには、
数ヶ月かかると言われてるので、
新規でサイトを運営すると最初は結構しんどいです。

しかし、中古ドメインの場合、
このエイジングフィルターが切れてますので、
このエイジングフィルターに苦しまされることなく、
サイトを運営していくことができます。

なので、うまくやれば、
短期間でサイトを上位表示させることも可能なんですね。

と、ここまでは中古ドメインのメリットを書いてきましたが、
次は中古ドメインのデメリットを書いていきます。

中古ドメインのデメリット

■デメリット1 過去の悪い評価も受け継ぐ

さきほど、中古ドメインは、
過去の運営情報を引き継ぐとい書きましたが、
それはサイトの悪い評価の場合も一緒です。

購入した中古ドメインが、
過去にスパムなどの迷惑行為などが原因で、
検索エンジンからスパム判定されていたら、
その評価を引き継ぐことになります。

そのような場合、
いくら記事を投稿してもインデックスされなかったりと、
完全に購入したお金が無駄になってしまうことになります。

スパム判定はいずれ切れたり、
グーグルに申し立てを行うことで、
スパムの取り消しも可能のようですが、
かなり時間がかかると思わますし、何より手間ですね。

■デメリット2 引き継いだ評価がリセットさせる

中古ドメインを取得して新しくサイトを運営した場合、
それまでの評価をリセットする、とグーグルは言ってます。

僕は現在中古ドメインでサイトを一つ運営してますが、
今のところリセットはされてませんが、
いつリセットされるかは不明です。

いつでもリセットされる可能性を頭に入れておく必要があります。

■デメリット3 お金がかかる

中古ドメインは新規ドメインに比べて高額です。

価格はピンキリですが、
SEO効果が高い中古ドメインだと、
数万円~数十万円といった感じです。

もちろんそれは中古ドメイン販売業者から購入したらですが、
自分で探しだせばもっと安く購入できるでしょう。

しかし、中古ドメインの選定には時間がかかるし、
何より悪質な中古ドメインじゃないかを見極める必要があります。

自分で良質な中古ドメインを判断できるならいいですが、
そうでない場合は業者から買うことをお勧めします。

もちろんその場合、ある程度お金がかかります。

といった感じで、
中古ドメインにはメリットとデメリットがあります。

それを十分に理解したうえで利用するようにしましょう。

中古ドメインの購入を考えているけど、
どこで購入したらいいか迷っている人は僕にご相談ください。

良質な中古ドメイン販売を行っている業者を教えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>