画像検索からアクセスを集める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像検索からアクセスを集める

今回は、画像からアクセスを集める方法について
解説していきたいと思います。

この方法は、
「画像が重要な意味を持つ記事」
などを投稿するときに使うと効果的です。

ではさっそく解説していきますね。

画像からアクセスを集めるためには、
まず検索エンジンに、何の画像かを認識してもらう必要があります。

人間だと、画像を見たら何の画像かすぐに分かりますが、
検索エンジンはロボットですので、
見て画像を認識できないため、
こちらから画像の情報を与える必要があります。

でどうやって画像を認識してもらうかですが、
「alt」タグと「title」タグを使用します。

厳密にいうとaltタグだけでいいんですが、
titleタグもないよりはあった方がいいと思うので、
一応解説したいと思います。

画像からアクセスを集めたい場合は、
下記のように、タグを使用します。

<img src=”画像URL” alt=”ここに画像名” title=”補足” />

「画像のURL」にはそのまま画像のURLを、

「ここに画像名」というところに画像の名前

「補足」と書いているところには、画像の補足的な内容

をそれぞれ入れていきます。

では具体例を用いて説明しましょう。

もしもあなたが「前田敦子」の画像を記事に使用する場合、

<img src=”画像URL” alt=”前田敦子” title=”前田敦子の画像” />

という風に記載することで、
この画像は前田敦子の画像ですよーと、
検索エンジンに教えることが出来るわけですね。

altタグの後に入れた「前田敦子」が画像の名前、
titleタグが画像の補足みたいなもんです。

titleタグはそんなに重要じゃないのですが、
ないよりはあった方がいいかもしれないので、
一応記載しておきましょう。

で、これでどうやってアクセスが集まるのか?
ですが、検索エンジンの画像検索からアクセスが集まります。

例えば、グーグルで「前田敦子」と検索すると、
下記のように前田敦子の画像が表示されますね。

(クリックで拡大できます)

これはaltタグで検索エンジンに前田敦子の画像だよ、
という情報を与えたから表示されるようになるわけです。

検索結果に出てきた画像をクリックすると、
画像の掲載されているサイトに飛びますので、
そこからアクセスを集めることが出来るわけですね。

ただ、注意事項として、
普通に画像検索から出てきた画像をコピーして、
自分のサイトに貼り付けてaltとtitleに情報を記載しても、
残念ながら検索結果には表示されません。

実際に画像を検索してみたらわかるのですが、
同じ画像は、ほとんどの場合、
一番強いサイトしか表示されないようになってるんですね。

なので、あなたがすでに表示されている画像をコピーして、
そのまま自分のサイトに貼っても、
もともと検索結果として表示されているサイトがあるので、
あなたのサイトは表示されないわけです。

で、どうしたらいいかですが、

普通に画像をコピーして使うのではなく、
画像を加工して、新しい画像と認識してもらいましょう。

画像加工ソフトなどで画像を加工し、先ほどの

<img src=”画像URL” alt=”ここに画像名” title=”補足” />

のタグを使用し、画像検索に表示されるようにしましょう!

で、この画像検索がもっとも効果を発揮するのは、
画像が重要なポイントとなる記事です。

たとえば、芸能人の姉とかが話題になったりすると、
「え、あの人の姉ってどんな顔なんだろう?」と思った人が、
「芸能人名+姉」で画像検索とかするわけですが、

もしそのときに、
自分の貼った画像が検索結果として表示されれば、
そこからアクセスを集めることが出来るわけです。

前に、前田敦子の姉が話題になってましたが、
そのときには「前田敦子のお姉さんってどんな人?」
と思った人が、おそらく「前田敦子 姉」で画像検索したでしょう。

そのときに、下記のように、
「前田敦子 姉」の検索結果として表示されていたサイトは、
かなりアクセスを集めたと思われます。

あなたも画像などがポイントとなるような記事を書く場合、
このような手法を使ってアクセスを狙ってみてはどうでしょうか?

ちなみに芸能人の画像を使用するときには、
ある程度注意が必要です。

こちらの記事も併せて参考にしてみてください。

トレンドサイトに動画や画像を使用する方法と注意

今回は以上です。
参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>