ドメインとサーバーを分かりやすく解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドメインとサーバーを分かりやすく解説

サイトを作る上で欠かせない、
ドメインとサーバーについて分かりやすく解説していきます。

ネットビジネスで稼いでいくためには、
独自ドメインでサイトを作っていくことが重要になってきますが、
そのためにはドメインとサーバーというものを借りる必要があります。

でも、ネットにあまり詳しくない人だと、
このドメインとかサーバーとかは、完全に異次元の世界に感じると思います。

実際に僕がそうでしたからね…。

ということで、そんな初心者さんに向けて、
できるだけドメインとサーバーというものについて、
工夫を凝らして分かりやすく解説してみたいと思います。

ドメインとサーバーを説明するためには、
お家を建てるときを例にすると
とても分かりやすくなります。

まず、「お家」=「サイト」と考えてください。

ie

で、お家を建てるためには、まずは土地が必要になってきますよね。

tochi

これがインターネットでは「サーバー」にあたります。

サイトを作るには、サイトを作るためのスペースが必要になってきます。
これが「サーバー」ですね。

そんで、家を建てた場所には「住所」がありますね。

これがインターネットでは「ドメイン」になります。
ちなみにドメインとは「http://○○○」というものですね。

「サーバー(土地)」を借りて、
その「サーバー(土地)」に「ドメイン(住所)」を設定し、
その上に「サイト(お家)」をつくるという感じです。

ieyo

これでかなり理解できるんじゃないでしょうか?

では、もう少し個別に詳細も解説しておきますね。

この記事の目次

ドメイン

現実の成果では住所にお金を払うことはありませんが、
ネットの住所となるドメインは、
お金を払ってレンタルする必要があります。

ドメインは「.com」「.net」「.info」「.jp」など、
複数の種類が存在し、ドメインの種類によって値段が違います。

ドメインの料金は年に数百円から高くても数千円です。

昔はドメインの種類によって、
サイトの検索結果に表示される順位に影響がある、
という風に言われていましたが、
最近ではそんなに変わらないと言われています。

ただ自分のサイトを選ぶ際には、
あまり一般的じゃないドメインよりも、
無難に「.com」や「.net」などを選ぶといいと思います。

ドメインを取得するには、
専用の会社を利用して取得するのが一般的です。

僕は主にバリュードメインというところを利用しています。

バリュードメインの利用の仕方は、
以前分かりやすく動画で解説した記事があるので、
そちらを参考にしてください。

関連記事⇒「バリュードメインの登録からドメイン取得までを解説」

次はサーバーです。

サーバー

サーバーは無料のものから数万円するものまで値段はピンキリです。

もちろん、値段が高いものの方が
安いものよりも性能がいいというのが一般的です。

サーバーの性能というは、
サーバーにアップロードできる容量だったり、
一つのサーバーにいくつもサイトを作れたり、
ファイルのアップロードが簡単にできたり、
セキュリティーの強さだったりなどですね。

よくお金をかけたくないので
サーバーを無料のところを使用しようとする人がいますが、
無料のものは危険です。

なぜならいつサーバーが使えなくなるかわからないからです。

無料のものというのは、
無料で使用させてもらっているわけですので、
いきなりサービスが停止されたりしても文句を言えないです。

なので、自分のメインサイトや、
しっかりと育てていくサイト、
収益を上げてくれるサイトには、
有料で、ある程度しっかりしたサーバーを借りた方がいいです。

僕が使用しているサーバーは「エックスサーバー」というサーバーになります。

なぜ僕がエックスサーバーを使用しているのかや、
エックスサーバーの申し込み方法などは、
別の記事で詳しく解説しています。

関連記事⇒「Xサーバーの申し込み方法」

サーバーは他にも色々存在しますので、
自分で良さそうなところが選べる場合はそうしてください。

もしあまりよく分からないという場合は、
エックスサーバーを申し込んでおくと間違いないでしょう。

以上がドメインとサーバーの解説になります。

ドメインとサーバーに関しては、
これくらいの認識で十分に稼ぐことは可能です。

ドメインとサーバーを借りる前に、
完璧に理解しないといけない!と思うと、
いつまで経っても行動できないので、
ざっくりと理解できたらまずはやってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>