下克上の問題点と特典

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gekokumondai下克上問題点特典について書いていきます。

僕は下克上のおかげで、早々と成果を出すことができたので、下克上にはとても感謝しています。

なので、これからアフィリエイトを始める人には、下克上を強くオススメしています。

自分を稼げるアフィリエイターへと導いてくれた商材なので、
僕も気合を入れて作った特典をつけて、
下克上をアフィリエイトしていきたいと思います。

ただ、やはりどのような教材にも
「もっとこうだったらいいのに…」
というところがあるように、下克上にもそれは存在します。

存在します!っていうか、
僕はそう感じる部分があります。

なので、そういった部分も包み隠さずお話しして
納得した上で購入してほしいと思います。

と言っても、あくまでも主観での意見になりますので、、
参考までに聞いてみてください。

さて、僕が、
「下克上がもっとこうだったらいいのに…」
と思う所は、3つあります。

それが下記の3つです。

(1)実践者が増えても競合しないキーワード選定方法を教える

(2)実際にどんなサイトを作ればいいかサンプルを見せる

(3)記事の書き方をもっと体系的にする

一つずつ解説していきたいと思います。

まず(1)の
「実践者が増えても競合しないキーワード選定法を教える」ですが、
現在、下克上の実践者はかなりの人数がいて、
下克上で教えられているメインのキーワード選定方法では、
高確率でライバルが存在してしまうという現象を、
少しでも打破できるように必要だと思います。

これは皮肉なことに、
下克上が優れた教材だから起こる問題でもありますね。

というのは、通常、商材を購入しても、
実際に実践してみる人はかなり少ないという事実がありますが、
下克上の場合には、購入者の実践率が非常に高いんですね。

これは成果報告などや、
サポートフォーラムへの書き込みなどからも判断できます。

で、なぜ下克上は購入者の実践率が高いのかというと、
教材内で明確に作業の内容を示しているというのが一点と、
誰でも簡単に実践できる内容であるということからだと思われます。

情報商材の中には、

・具体的に作業の内容を示さないもの

・作業の内容は示すが高度すぎて実践できないもの

などがかなり多いので、
そういった商材の場合は、
沢山売れても実際に実践する人が少ないので、
あまり飽和という状態は生まれないのでしょう。

ただ、下克上は、
実践しやすく作業内容も明確なので、
誰でもすぐに実践することができるので、
教材通りにみんなが実践すると、
一気にその手法では通用しない飽和状態になってしまうんですね。

ですが、少し頭を使えば、
この「飽和」という問題を乗り越えることができます。

でも、この「少し頭を使う」というのが、
ほとんどの人が出来ていないところなんですね。

なので、そこを解決するようなコンテンツを、
教材の中に組み込んでいけば、
よりいいのではないか?と思うわけです。

ただ、昔よりは稼ぎにくくなりましたが、
教材内で説明されている手法だけで、
現在でも稼ぐことは可能です。

次に(2)
「実際にどんなサイトを作ればいいかサンプルを見せる」ですね。

下克上では、実際にどんなサイトをつくればいいか?
サンプルサイトなどは公開されていません。

その影響か、僕のもとには
「サイトをどうやって作ればいいのか?イメージが湧きません。」
という相談がたくさん寄せられます。

無料ブログなどの実践の際には、
そこまでサイトの構成などは意識する必要はないですが、
お金をかけて構築する独自ドメインサイトの場合には、
やはりしっかりと作成するサイトのイメージを持って、
サイトを構築する必要があります。

自分の考えのみでサイトを構築すると、
訪問者にとって読みにくいサイトになったり、
グーグルからペナルティを受けやすかったり、
いつまで経っても記事がインデックスされなかったりと、
成果を出すのにマイナスになる可能性が高いです。

それに何より、具体的なサイトのイメージがないと、
どうやって作業を進めていけばいいのか?と、
迷いが生じてしまいますので、
途中で挫折してしまうことにつながりますね。

次は(3)「記事の書き方をもっと体系的にする」ですが、
こちらはそのまんまの意味ですね。

記事を書くのが苦手という人は驚くほど多いです。
得意な人の方が圧倒的に少ないでしょうね。

トレンドアフィリエイトでは、
記事をサクサク書けるようにならないと、
大きな成果を出していくのは難しいです。

なぜなら、スピーディな話題を扱いますので。

トレンド記事というのは、
いかに早く投稿できるかというところが、
成果にかなり影響してきます。

「未来を予測して記事を書く」という行為も、
結局は誰よりも早く記事を仕込んでおくためです。

誰よりも早く記事を書くことができれば、
検索結果の上位表示の確率があがりますし、
爆発的にアクセスを集める可能性が高くなります。

そのためには、見つけたキーワードで
サクサク記事を書く技術が必要ですね。

サクサク記事を書くというのは、
「リライトする」ということではありませんよ。

もちろんリライトもしますが、もっと重要なのは、
記事の内容をどういう構成にするか?です。

記事の構成というのは、
最初にこんなことを書いて、次にこんなことを書いて…
というものです。

記事の構成というのは、
その記事ごとに変わるという意見もあるでしょうが、
大体の場合は同じ構成でいけます。

話題が変われば構成が一緒でも、
全く違った記事になるので全く問題ありません。

たとえば、
映画や漫画などのストーリーなんて、
ほどんど構成は一緒ですよね。

①主人公が目的を持つ

②目的達成に困難が訪れる

③師匠登場など困難克服へ

④ラスボスとのバトルなどのクライマックス

みたいな感じです。

まぁミステリーとかアクションとかで、
構成が変化することもありますが、
ほとんど同じような構成を使いまわしています。

その構成を知ってしまえば、
誰でもある程度は同じように作成できるわけです。

それを全く知らずに一からやろうとするから、
途中で挫折したり、
なんか意味不明な記事になったりするんですね。

なので「記事の構成」を知ることができれば、
記事の書き方で悩むことはないんですが、
下克上ではそこらへんが抽象的なイメージなので、
おそらく多くの人が悩んでいるんだと思います。

以上が、僕が思う下克上の問題というか、
もっとこうして欲しいと思うことです。

実践者の僕がそう思ったということは、
これから購入する方も高確率でそう思うでしょう。

ということで、僕はその3つの問題を、
サクッと解決してしまうようなコンテンツを含む、
最強のトレンドコンテンツをプロジェクトを作りました。

それがトレンド羅針盤プロジェクトです。

トレンド羅針盤プロジェクトの詳しい内容はこちら

このプロジェクトを下克上の特典につけることで、
最強のコンテンツとなること間違いなしです。

最強のプロジェクトに参加して、
成功への最短ルートを突っ走りましょう。

下克上の特典付きレビュー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>