WordPressで関連記事を表示させる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressで関連記事を表示

今回は、WordPress(ワードプレス)サイトに
関連記事を表示させるプラグイン「Similar Posts」について解説していきます。

自分のサイトに関連記事を表示させることによって、
複数の記事を読んでもらうことができ、
サイトの滞在時間を延ばすことができます。

サイトの滞在時間を延ばすことは、
SEOでとても重要だとされていますので、
関連記事を活用して滞在時間を延ばしていきましょう。

ということで「Similar Posts」の使い方について解説したいと思います。

まずはWordPressのダッシュボードから
「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「Similar Posts」を検索して、
「今すぐインストール」⇒「有効化」で「Similar Posts」を有効化。

次にダッシュボードの「設定」⇒「Similar Posts」を選択。

画面の上に表示されているタブから「Placement」をクリック。

「Output after post」の「Activate」⇒「YES」に変更し、
その横の「Parameters」の中のタグの<h3>と</h3>の間の
「Similar Posts」を表示させたいタイトルに変更。

ここに記入した分が下記の赤枠内の部分に表示されます。

「この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます」と表示させたい場合は、
「この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます」に変更する。

次に「Output in RSS feeds」の「Activate」⇒「YES」に変更すし、
「Save Placement Settings」をクリックし保存。

変更前(クリックで拡大できます)

↓↓↓↓↓↓↓

変更後(クリックで拡大できます)

これで記事の下に関連記事が表示されるようになりました。

ちなみに、ダッシュボードの「設定」⇒「Similar Posts」を選択し、
「Other」をクリックすると、
関連記事として表示できる記事の設定ができます。

具体的には下記の赤枠内を編集することで、
関連記事として表示する記事の優先順位を設定します。

■「Content」は記事の内容が近い場合に表示する
■「title」はタイトルが近い(もしくは一部が一致)場合に表示する
■「tags」は設定したタグが一致する場合に表示する

それぞれの割合を決めることで、
関連記事として表示される記事をフィルターにかけ、
表示させることができるようになります。

ちなみに僕は「Content」⇒80 「title」⇒20 「tags」⇒0
という設定にしています。

どのように表示させたいかを考えて設定してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>