トレンドアフィリエイトは無料ブログと独自ドメインどっちで始める?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トレンドアフィリエイトは無料ブログと独自ドメイン

トレンドアフィリエイトをいざ実践する場合に、
独自ドメインで始めるべきか、
それとも無料ブログの方がいいのか?
どっちがいいでしょう?

という質問をいただいたので、
今回はその件について書いていきますね。

無料ブログか独自ドメインか、確かに迷いますよね。

で、そのことに対する僕の意見ですが、
「状況によるが初心者は無料ブログからが良い」です。

独自ドメインでトレンドアフィリエイトを実践する場合、
結果が出るまでにある程度時間がかかります。

また、あまり文章力がない状態で記事を投稿すると、
サイトがペナルティを受けてしまう可能性もあります。

最終的には、その2点を考慮したうえで、
無料ブログでやるのか独自ドメインでやるのかを、
決定していただければなと思います。

では独自ドメインで実践する場合の、
「時間がかかる」「サイトがペナルティをうける」について、
詳しく解説していきますね。

まず独自ドメインでスタートする場合、
なぜ成果が出るまでに時間がかかるのか?ですが、
それは主に以下の理由が挙げられます。

1 最初はインデックスがめっちゃ遅い
2 エイジングフィルターにかかる

という理由です。

まず「最初はインデックスがめっちゃ遅い」ですが、
これは言葉のとおりで、取得したばかりのドメインで、
新規サイトを作った場合、インデックスは超遅いです。

記事を投稿して2日後とかに、
ようやく記事がインデックスされるという感じです。

それでもしばらく記事を更新していきますと、
ある程度インデックスは早くなっていきますが、
今度は「エイジングフィルター」にかかります。

エイジングフィルターにかかると、
数週間から数か月は全くアクセスが来ませんので、
その期間は本当に我慢の時期となります。

ただ、その期間を乗り越えると、
サイトとしてのパワーがアップして、
無料ブログよりも上位表示されやすくなり、
結果的には無料ブログよりも稼げるようになります。

次に「ペナルティを受ける可能性」に関してです。

初心者の状態でいきなり独自ドメインで始める場合、
記事のクオリティが低かったりで、
サイトがペナルティを受ける可能性も高まります。

そうなるとせっかくお金を払って構築しても、
作ったサイトが水の泡…なんてこともありえます。

記事のクオリティというのは、
トレンドアフィリエイトの場合は、
トレンドな話題を扱うので、ニュースサイトのリライトなど、
ほかのサイトの記事を参考にすることが多いです。

しかしリライトが不十分だと、
検索エンジンからコピペサイトと判断され、
サイトがペナルティを受ける可能性があります。

他にも、記事の文章がめちゃくちゃで、
とても読みにくい記事を書いてしまいますと、
訪問者さんがすぐにサイトから出ていってしまい、
滞在時間の問題でペナルティを受けるかもしれません。

以上が独自ドメインでスタートする場合に、
注意しておかなければいけないことですね。

まとめますと、
時間はかかっても最終的に大きく稼ぎたい!って人で、
文章を書くとにある程度自身がる人は、
いきなり独自ドメインからスタートしてもいいのですが、
そうじゃない場合は、
まず無料ブログからスタートするのがいいでしょう。

なかなか何か月も報酬が発生しなくても、
作業を継続できる人はいないと思います。

無料ブログはインデックスが早いですし、
簡単に作れますので、
きちんと実践すれば速攻で報酬が発生します。

なのでモチベーションを維持しやすく、
作業を継続し続ければスキルも上がります。

ただ、無料ブログも、
もちろんエイジングフィルターにかかりますし、
滞在時間などの問題で圏外に飛んだりします。

そのたびに新しいブログを作るわけですが、
これだと永遠に資産となるブログ(サイト)は作れません。

やはり無料ブログである程度稼げるようになったら、
独自ドメインサイトに移行した方がいいでしょう。

無料ブログである程度稼げるようになると、
文章力も必然的に上がっているはずですし、
色々とコツもつかめていると思うので、
いきなり始めるよりもペナルティを受ける確率が下がります。

ということで、
トレンドアフィリエイトをスタートするときは、
文章力に自信がない初心者さんは、
無料ブログから始めるのが良い!ということでした。

迷っている方の参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>