上位表示なんか関係ない!アクセスアップの超裏技

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

accessup

最近トレンドアフィリエイトで色々と実験しています。

トレンドアフィリエイトを実践している方ならわかると思いますが、
最近はトレンドアフィリエイトの実践者が結構多くて、
「トレンドキーワードを見つけてもライバルがすでにいる!」

という状況になる方も多いのではないでしょうか?

まぁライバルがいても自分のサイトが強ければ、
ライバルを抜いて上位表示させることもできるかもですが、
必ず上位表示できるわけではないですからね…。

かと言ってライバルが少ないキーワードを探すには、
結構なコツというかキーワードを「ずらす」というテクニックがいります。

このキーワードずらしのテクニックは、
ある程度トレンドアフィリエイトを実践していけば身に付きますが、
初心者さんには難しかったりしますよね。

キーワードのずらし方の具体的方法は、
下記の記事を参考にしてください。
ライバルのいないトレンドキーワードをどうやって探すか?

でも、キーワードをずらしても、
最近はトレンドアフィリエイトの実践者さんのレベルが
どんどん上がってきているので、
ただ「ずらす」だけではキーワードがかぶったりしますね。

僕もトレンドブログの記事を更新していて、
キーワードを発見して「ずらし」のテクニックを使っても、
すでにライバルが多くて上位表示が難しいなーってときに、
ちょっとあることを実験的に試してみた結果、
かなりの効果を発揮しました。

例えば、先日(2月19日)普通のトレンドな話題で記事を投稿したところ、
他のライバルサイトとキーワードがかぶりまくっていました。

しかもライバルサイトのほうが上位表示されていて、
僕のサイトは2ページ目以降に表示されていたので、
検索エンジンからのアクセスはほとんどありませんでしたが、
それでもあることをしただけで、
検索エンジン以外からのアクセスを集めることができました。

あ、一応言っておきますが、twitterではないですからね。

誰でも超超超かんたんに実践できる内容です。

で、2月19日の投稿した記事がどうなったかといいますと、
こんな感じでした。

(ワードプレスの管理画面のキャプチャです)

二つの記事だけで2万PV以上ありますね。

で、その記事へのアクセスのほぼすべてが、
ある実験的に行った手法によるものです。

もちろん毎回100%このように効果が発揮で知るわけではないですが、
上位表示できない場合などにこの手法を取り入れていくと、
めちゃめちゃ効果的だと思います。

ただこの手法をこの場で紹介してしまうと、
結果としてみんなが同じことをして結局使えなくなるので、
この記事での公開はいたしません。

じゃあ「ただ自慢したかっただけかーい!」って思うかもですが、
今回この記事を書いたのは、別に自慢したいわけではなくて、
ライバルが沢山いて上位表示されなくても、
簡単にあきらめないでほしいということを伝えたかったからです。

色々とアイデアを出して実行してみることで、
自分だけの最高のノウハウが生まれたりする可能性があります。

人と同じことばかりしていては結果を出すのは難しいですからね。

何かを実践するときには、何も考えずに行動するのではなく、
頭を使ってアイデアを出すようにしましょう^^

今回は具体的手法は公開しませんが、
メルマガではちょいちょいこういった具体的な手法を紹介していくので、
気になる方は登録しておいてくださいね。

メルマガ登録後に送られてくるメールに、
このサイトのメルマガ読者限定パスワードが書いてあるので、
登録後はすぐにこのサイトのメルマガ読者限定記事を見れますので、
そちらもトレンドアフィリエイト実践者は必見ですよー

メルマガ登録はこちら

追記(2014/03)

この記事で書いたアクセスを集める裏技の具体的方法を公開しました。

トレンド羅針盤プロジェクトのコンテンツの、
「【裏第2章】邪道のアクセスアップ方法」
PDFマニュアルとして提供していますので、
興味がある人はプロジェクトへの参加もご検討いただけたらと思います。

めちゃめちゃ強力な手法なのに、
あまり気が付かない方法なのでかなり驚くかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>