情報がないときのトレンド記事の書き方【実演動画】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jituen

あなたはこんなことはないだろうか?

今話題になっている人でトレンド記事を書こうと思い、
虫眼鏡で関連キーワードを検索する、
しかしその虫眼鏡キーワードに関する情報が全く出てこない!

そんな状況、ないですか?

たとえば、〇〇という芸能人が話題になっている、
そこで〇〇という芸能人で記事を書こうと思って虫眼鏡を調べる、
虫眼鏡には「旦那」というキーワードが出てきた。

そこで、「〇〇+旦那」というキーワードで記事を書こうと思い、
〇〇の旦那についての情報を調べてみた…
しかしどうやら〇〇の旦那は一般人のようで、
公には情報が公表されていないようだ。

あなたはそんなときどうするだろうか?

そのキーワードで記事を書けば、
高確率でアクセスを集めることができるのに、
そのキーワードは諦めてしまうだろうか?

それとも「旦那」というキーワードがタイトルに入っているのに、
「旦那の情報は出てきませんでした」と、
旦那に関する情報はほんの少ししか書かずに、
他の無駄な情報を書くということをするだろうか?

実は、多くのトレンドアフィリエイト実践者が、
このような実践のやり方をしています。

記事タイトルに入っているキーワードに関する情報を
記事本文の中にほとんど書かずに、
他の全く関係ない情報を長々と書いていくという、
めちゃめちゃ迷惑なゴミサイトを作っています。

これに関しては以前記事にしましたので、
そちらを参考にしてください。

関連記事⇒トレンドアフィリエイトでスパム(迷惑)サイトが多すぎる

じつは、全く情報が出てこなくて、
とてもそのキーワードで記事が書けないようなときに使える
目からウロコが3枚くらい落ちるレベルの必殺ワザがあります。

全く情報が出てこないにも関わらず、
訪問者さんに面白いと思ってもらえるような質の高い記事を書く、
そんな裏ワザ的な手法が存在するんです。

これは非常に強力です。

他のトレンドアフィリエイトの実践者たちが、
「旦那の情報は出てきません」という、
面白くもなんともない記事を書いている中で、
「○○+旦那」というキーワードで訪問してきた人に、
満足してもらうクオリティの高い記事を書けるわけですから、
これはとても強い武器になります。

実際、この手法で記事を書くことによって、
訪問者さんからよくコメントをいただきます。

しっかりと記事を読んでくれているわけですね。

ただ、この記事の書き方には、
少々コツというものが存在しますし、
通常の記事作成よりも少しだけ難易度があがるので、
これは実際にやってみせないと、
中々伝わらないと思います。

そこで、全く情報が出てこないキーワードで、
訪問者さんに満足してもらえる面白い記事を書くテクニックを、
実際に僕が実演しながら紹介する動画を撮影しました。

それがこちらです。

スミマセン…実演動画はさすがにこのブログで無料で公開してしまうと、
多くの人が同じような記事を書いてしまうことになりかねません。

そこで、この実演動画を、
こちらのプロジェクトのコンテンツに追加し、
参加者限定で公開することにしました。

このプロジェクトには、つい先日も
「トレンドキーワード選定講座(ロングレンジ編)」
という動画セミナーを追加したばかりですが、
さらに今回のトレンド記事ライティング実演動画を追加しました。

それによって、もともと最強のプロジェクトだったのに、
さらにパワーアップしたプロジェクトへ進化しました。

今後もコンテンツは追加していく予定ですので、
プロジェクトはさらに進化していきます。

あなたもプロジェクトに参加して一緒に進化していきませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こんにちは、莉音と申します。

    トレンドアフィリエイトは
    情報を集めるのが大変そうだな、と
    感じたおりました。
    何か裏技があるんですね(*´▽`*)

    応援しております♪

    • goyaman より:

      莉音さん

      訪問&コメントありがとうございます。

      おっしゃる通り、
      トレンドアフィリエイトには裏技満載です( ̄ー ̄)

      応援ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>