トレンドキーワード選定方法「ロングレンジ編」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

long

今回はトレンドアフィリエイトでのキーワード選定の中の
「ロングレンジ編」ということで書いていきたいと思います。

このキーワード選定方法は、
一般的に言われているトレンドキーワード選定方法とは
全く違った選定方法で、長期的にアクセスを集めるキーワード戦略です。

「ロングレンジ = 長期的」という意味になります。

トレンドアフィリエイトで使用するキーワードには、
基本的に2種類のキーワードが存在します。

それは

1 需要が短いキーワード
2 需要が長いキーワード

の2つです。

需要が短いというのは、
検索される期間が短いということです。

つまり「キーワードの寿命が短い」わけですね。

で、どんなキーワードが需要が短いキーワードかというと、
ズバリ「今話題になっているキーワード」です。

たとえば「芸能人の〇〇が結婚した」という話題があれば、
その芸能人〇〇+結婚というキーワードは、
需要が短いキーワードになります。

なぜならそのキーワードは、
3日もすれば検索されなくなるからです。

トレンドアフィリエイトでは、
この「需要が短いキーワード」を狙ってアクセスを集めて
アフィリエイト報酬を稼ぐ手法が一般的です。

しかし、需要が短いキーワードを狙うのではなく、
需要が長いキーワードを狙うトレンドアフィリエイト手法もあります。

では需要が長いキーワード、
「ロングレンジキーワード」とは、
一体どのようなもので、どうやって狙っていけばいいのでしょうか?

ロングレンジキーワードとは

トレンドアフィリエイトにおけるロングレンジキーワードとは、
主に下記の3つのタイプに分けることができます。

1 イベント系キーワード
2 多くの人が興味を引くキーワード
3 固有名詞キーワード

この3つのタイプのキーワードを駆使することで、
長期的にアクセスを集め続けるキーワード選定ができ、
アクセス数が右肩上がりで増えていくことになります。

ただ、ロングレンジキーワードの特徴として、
爆発的なアクセスというものはあまり望めません。

毎日一定のアクセスがある、という感じになります。

なので、まだ記事が少ないうちは、
需要は短いけど爆発力のある速報系のトレンド記事と、
ロングレンジキーワードで書く記事を組み合わせることで、
とても効果的に実践していくことができます。

ロングレンジキーワードのトレンド記事は、
うまくいけば1日に1000ほどのアクセスを集めますが、
大体の場合、数十から数百程度になります。

でも、毎日安定してそれくらいのアクセスがありますので、
積み重ねるごとにどんどんアクセスが増えていき、
気が付けばとんでもないアクセスが集まるようになります。

こうなったらもはやほったらかしでも報酬が入ってきます。

でも、トレンドアフィリエイトでロングレンジキーワードを狙うには、
ちゃんとしたやり方が存在します。

無闇にキーワード選定してもアクセスは集まりません。

先ほど挙げた3つのタイプのキーワードの特徴をしっかりと理解し、
きちんとした戦略をもって選定していく必要があるわけです。

1 イベント系キーワード
2 多くの人が興味を引くキーワード
3 固有名詞キーワード

上記の3つのキーワードの特徴を理解し、
それぞれの検索方法と使い方をマスターすれば、
長期的にアクセスを集めるキーワード選定ができるようになります。

この方法はほとんど解説されていないので、
とても貴重なキーワード選定方法になります。

で、具体的なやり方ですが、こちらのプロジェクト

【第3章】キーワード選定講座(完全版)の中に、
「トレンドキーワード選定講座(ロングレンジ編)」
として追加しました。

rongkey

内容は、3つのタイプのキーワードの特徴、
それぞれの検索方法、トレンドとの組み合わせ方などを、
動画で分かりやすく解説したセミナーです。

これはトレンドアフィリエイト実践者には、
かなり貴重なコンテンツとなります。

是非とも手に入れてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>