ペナルティ時代のトレンドサイト構築術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペナルティ時代である現在、
トレンドサイトはどうやって構築していけばいいのか?

ということについて書いていきます。

ペナルティ時代のトレンドサイト構築術

2013年ごろからグーグルのアフィリエイトサイトへのペナルティが強化され、
多くの人がサイトを圏外に飛ばされ、ダメージを受けたようです。

その中でも特に、トレンドサイトへのペナルティが
かなり厳しくなっているように感じます。

実際上位表示されていた多くのトレンドサイトが、
まとめて一気に圏外に消し飛んでいましたし、
僕のメルマガ読者さんなども中でも
結構な数の人がペナルティを受けて落ち込んでいました。

「中には50万くらい稼いでいたサイトが消えた…orz」

という残念な人もいました。

さて、そんな状況ですから、一部では
「トレンドアフィリエイトは終わった…」
というような話まで出ています。

まあさすがに終わったというのは言いすぎですが、
これからトレンドサイトを作る人は不安でしょうね。

ということで、今回は
これからトレンドサイトを作るにはどうしたらいいのか?
ということについて僕なりの見解を書いていきます。

もちろん「こうすれば確実に大丈夫」という方法ではなく、
あくまでの僕なりの結論になりますが、
ペナルティを受けずに稼ぎ続けているサイトなど、
色々と僕なりに検証した結果なので、
それなりに役に立つとは思います。

2014年以降のトレンドサイト構築術

さて、これからトレンドサイトを構築する上で、
僕が重要だと思うことはいくつかあるのですが、
まず一番重要なのは、

「訪問者にとって価値があるサイトを作る」

これが大前提になってきます。

現在アフィリエイトをやっていて、
それなりに情報を収集している人なら、
もはや低レベルのコンテンツサイトで稼ぐことは
ほぼ無理ということは理解しているはずです。

これは物販のアフィリエイトだけの話ではなく、
トレンドアフィリエイトに置いても重要です。

サイトを構築していくとき、
つまり記事を投稿するときには必ず

「この記事は訪問者に価値を提供できているだろうか?」

そう問いかけることが重要だと思います。

これは記事の内容はもちろんですが、
記事のタイトルとかもかなり重要だと思います。

ペナルティを受けて消し飛んだサイトの中に、
キーワードをアホみたいに詰め込んでいたサイトが多々ありました。

「本田翼の彼氏は?学校は?プリクラ?髪型?」

みたいな感じで。

正直そんな残念なサイトは、
沖縄人の僕でも、関西弁で「何やっとんねん!」
と思わず突っ込んでしまうくらい滑稽なもんです。

もうね「自分が稼げればいい」って感が丸出しですよね。

「とにかくキーワードを入れて上位表示させれば
 アクセスが沢山集まって稼げるんだー」

と思っているんでしょう。

まぁ一時期は稼げるかもしれませんが、
そんなやり方ではほぼ100%ペナルティを受けるでしょう。

なので、長期的にサイトを運営したい、
ちゃんと訪問者のことを考えたサイトを作っていきたい、
という人は真似しないようにしてくださいね。

どっちみち「自分だけ良ければいい」思考の人は、
そのうち稼げなくなって消えていくでしょう。

そういう時代ですからね。

さて、少し話が飛んでしまいましたが、
これからサイトを作っていくうえでは、
訪問者にとって価値があるサイトであることは大前提で、
そのほかにもいくつか重要な点があると僕は思います。

具体的には7つの重要なポイントがあると僕は考えています。

① ○○や○○を使用しない
② ○○の○○を出来るだけ独自化し、差別化を図る
③ サイトの○○を○○する
④ ○○できる○○は出来るだけ○○する
⑤ ○○を○らない
⑥ ○○を○○ない
⑦ ○○な要素を取り入れる

特に①と③と⑥と⑦は重要だと思います。

○○の部分が何になるのか?
具体的にどういうサイトを作っていくといいのか?

その全てを知りたい人は、
こちらのコンテンツの第2章
「2014年以降のトレンドサイト構築術セミナー」で、
実際に理想とするサイトを紹介しながら、
詳しく解説していますので、参考にしていただければと思います。

あまり話されていない内容もあると思うので、
かなり参考になると思いますよ。

これからトレンドサイトを作る、
もしくはすでに作り始めている人には必見の内容です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>