アクセスを集めると稼げるのはなぜ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

accesskasegu

トレンドアフィリエイト初心者講座の2回目になります。

今回は「アクセスを集めるとなぜ稼げるのか?」
ということについて書いていきます。

前回の記事の続きになってますので、
前回の記事を読んでいない人は、
まずこちらの⇒「トレンドアフィリエイトって何?」を先に読んでください。

では、早速解説していきたいと思います。

自分のブログに沢山アクセスを集めると稼げる理由ですが、
それは単純に「自分のブログに広告を貼っておくから」です。
アフィリエイトというのは、自分のブログに広告を貼って
その広告をクリックしてもらい、物が売れたら報酬が発生します。

ですが、アフィリエイトの広告の中には、
物が売れなくてもクリックしてもらうだけで報酬が発生するものがあります。

一般的に「クリック成果型」と呼ばれる広告になります。

このクリック成果型のアフィリエイトは、
物が売れないと報酬が発生しないアフィリエイトに比べて、
非常に簡単に報酬を得ることができます。

なぜなら、物を売らないといけない場合は、
広告がクリックされたあとに商品が売れないと報酬はゼロですが、
クリック成果型の場合、
「とりあえず広告がクリックされれば、報酬が発生する」からです。

ブログの訪問者さんというのは、
一定の率で広告をクリックしてくれるので、
沢山集めれば集めるほど広告はクリックされ、
報酬は上がっていきます。

ですが、
クリック成果型だったらどんな広告でもいいわけではありません。

クリックさえされれば報酬が発生するとは言っても、
そのクリックさえされないと報酬は発生しないわけです。
ということは、クリックされやすい広告を貼る必要があります。

ではクリックされやすい広告とはどんな広告でしょうか?
ここで少し考えていただきたいのですが、
あなたがつい広告をクリックしてしまう時ってどんな時でしょう?

ちゃんと考えました?

それはたぶん…
「自分の興味がある広告が貼られてたとき」ではないでしょうか?
痩せたいなー!って思っているとき、たまたま見たサイトに、
「楽して痩せる○○ダイエット」みたいな広告があったら、
ついついクリックしちゃいませんか?

このように、人は
「自分の興味があることに関する広告」が貼られてたら
クリックしてくれるのです。

なので、ブログやサイトに訪問してくれる人の関心にあわせて、
広告を貼るのが一番ベストなわけですね。

でも、例えば育毛などの専門サイトの場合だと
そのサイトに訪れる人は、育毛に興味があるのは明白ですが、
今回実践するのは「トレンドアフィリエイト」なので、
旬な話題で沢山の人を集めるため、
訪問者さんの興味は多種多様になります。

ではどうするのか?ですが、これは
「訪問者さんに合わせて表示する広告を変える」ことで解決します。

そんなことって出来るの?と思うかもしれませんが、
実は簡単に出来るんです。

パソコンを使っていると、
色々ネットサーフィンをしますよね?

興味があるサイトを見に行ったり、
欲しいものを買ったりしますね。

実はパソコンにはその履歴が残っていて、
そのパソコンの履歴情報を読み取って、
自動でその人に合った広告を表示してくれる広告があるんです。

たとえばあなたが中国語に興味があって、
中国語のサイト見に行ったり、
中国語に関する商品を見たりすると
その情報がパソコンに残っていて、
それを読み取ったプログラムが、
「この人は中国語に興味があるんだな!」って判断して
あなたには中国語の広告を表示させるわけです。

どういう仕組みでそうなっているかは割愛しますが、
重要なのは、そういう広告があるってことです。

自動でその人の関心がある広告を表示してくれるなら、
後はその広告をブログやサイトに貼って、
アクセスを集めるだけでOKです。

で、肝心のその広告ですが「グーグルアドセンス」といいます。

トレンドアフィリエイトでは、
この「グーグルアドセンス」という、
クリック成果型の広告をメインで使っていきます。

ということで次はグーグルアドセンスについて解説していきます。

次の記事⇒グーグルアドセンスとは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>