アフィリエイト手法の種類

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイト手法の種類

一口にアフィリエイトといっても、
アフィリエイトというビジネスには複数の種類が存在します。

ビジネス自体の本質は
「商品を紹介して稼ぐ」ということに変わりはありませんが、
紹介の仕方にも沢山の方法が存在するわけですね。

それぞれの手法にメリットやデメリットなどがありますので、
それらを詳しく解説していきたいと思います。

アフィリエイト手法の種類

アフィリエイトの手法は主に以下の種類にわけることができます。

■サイトアフィリエイト

■クリック成果型アフィリエイト

■PPCアフィリエイト

■ブログ・メルマガアフィリエイト

細かく分けると他にもありますが、
大体はこの4つの方法でアフィリエイトしていくのが主流です。

では、それぞれの特徴をみていきましょう。

サイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトとは、ホームページを作って、
そのサイトで商品なりサービスなりを紹介するアフィリエイト手法です。

必ずしも有料でサイトを作る必要はなく、
無料ブログで実践することも可能です。

一度作ったサイトは資産となり、ある程度までサイトを作りこむと
ほったらかしで報酬を得ることも可能となります。

ただ、サイトアフィリエイトで稼いでいくためには、
ネットで売ることができる商品を見極める力と、
紹介する商品やサービスに対する深い知識、
さらには自分のサイトを検索結果の上位に表示させる力、
見込み客を集客するためのキーワード選定力が必要なので、
ネット初心者にはなかなか難しい手法になります。

さらに、サイトアフィリエイトは、
検索エンジン(ヤフーやグーグル)からのアクセスに依存するため
検索エンジンから順位を下げられてしまった場合、
収益が激減するというリスクがあります。

そのため、安定した収入を確保していくためには、
沢山のサイトを保有する必要があり、
それを達成するためには莫大な作業量が必要となります。

クリック成果型アフィリエイト

アフィリエイトの広告の中には、商品が売れなくても、
広告がクリックされれば報酬が発生するというものがあります。

代表的なのがグーグルアドセンスという
グーグルが提供しているアフィリエイトサービスですね。

クリック成果型アフィリエイトのメリットは、
商品を売らなくても報酬が発生するので、
通常のアフィリエイトに比べて
アフィリエイト報酬が発生しやすいというのが挙げられます。

ただ、ほとんどの場合報酬単価が低いので、
まとまった金額を稼ごうとすると
それなりのアクセスを集めることが必要となりますので、
自分のサイトにアクセスを呼ぶスキルが必要になります。

PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトとは、ヤフーやグーグルに広告費を払って、
検索結果の目立つ場所に自分のサイトを表示してもらう手法です。

たとえば下記を見てください。

ppc

この画像は「ダイエット」でヤフーで検索した結果の画面ですが、
赤枠内に表示されているサイトが、
広告費を払って表示されているサイトです。

広告費を払うことによって、簡単に検索結果の上位に表示できるので、
長い期間をかけてサイトを作りこむ必要がなく、
比較的成果が発生するまでが早いというメリットがあります。

ただ、広告費を支払うので当然赤字になる可能性はあります。

支払った広告費を上回るためのしっかりと戦略が必要なので、
初心者がいきなり手を出すのはリスクが高いと言えます。

また、ヤフーやグーグルに広告を掲載するためには、
一度審査に出して、審査を通過しないといけないのですが、
現在はアフィリエイトサイトの審査は通りにくくなっています。

ブログ・メルマガアフィリエイト

ブログ・メルマガアフィリエイトとは、
ブログ(サイト)とメルマガ(メールマガジン)を使用して、
アフィリエイトをしていく手法です。

ブログとメルマガという二つの媒体を利用して商品を紹介することで、
非常に効果的に売上を上げていくことができます。

しっかりとした方法で自分のメルマガ読者さんを増やしていけば、
メールを送って商品を紹介するだけで
数十万から数百万稼ぐことも可能です。

僕もメルマガを活用して100万円以上の成果を上げています。

100man1

スーパーアフィリエイターになると、
メールを送るだけで月に数千万円もの大金を稼ぐ人もいます。

それくらい、大きく稼げる可能性を秘めたアフィリエイト手法です。

また、ブログ・メルマガアフィリエイトは、
一度仕組みを構築してしまえば、ある程度自動化することができ、
不労所得化を実現することも可能です。

さて、アフィリエイト手法の種類について理解できたら、
実際にどの手法を選択したほうがいいのか?について考えてみましょう。

最初に取り組むべき手法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>